本文へ移動

PCR検査ボックスを開発 清水町の企業

2020年6月10日 05時00分 (6月10日 05時04分更新)

木村鋳造所が開発したPCR検査用検体採取ボックス=県東部保健所で

 木村鋳造所(清水町)が、新型コロナウイルスのPCR検査で使用する検体採取ボックスを開発した。金属を流し込む鋳型に使われる発泡スチロールを素材としており、軽くて持ち運びやすいのが特徴だ。
 ボックス内部は小窓と、ゴム手袋がはめ込まれた穴が付いた仕切りで隔てられており、検査にあたる医療スタッフと患者が仕切り越しに向き合う形で使う。医療スタッフは穴に手を入れてゴム手袋を装着し、患者と接触せずに鼻に綿棒を入れて検体を採取する。患者側にはテーブルが付いており、ライトを置けば明るくなり、採取しやすくなる。
 高さ一・六メートル、幅八十六センチ、奥行き一メートルで、重さは三・五キロ。軽いため一人でも持ち運び可能だ。材料費は一万〜二万円で、低コストで造れるという。
 木村鋳造所は九日、県東部保健所にボックス一台を寄贈。医師役で検体採取のデモンストレーションに臨んだ安間(あんま)剛所長は「使いやすく、守られているという安心感もある。県内のPCR検査場などで使用を検討したい」と評価した。
 木村寿利(かずとし)社長は「自分たちの生活を守ってくれている医療従事者の安全を確保したい、との思いで開発した。使い勝手を踏まえて改良を加え、需要があれば増産したい」と語った。 (杉原雄介)

関連キーワード

おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧