本文へ移動

渡辺三冠の『うな重』には藤井七段への配慮があった!?山口女流二段の“解説”に坂上忍「ほら、食べ物重要なんですよ」

2020年6月9日 15時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
棋聖戦第1局で渡辺明棋聖に勝利し、リモート記者会見で笑顔を見せる藤井聡太七段

棋聖戦第1局で渡辺明棋聖に勝利し、リモート記者会見で笑顔を見せる藤井聡太七段

 山口恵梨子女流二段(28)が9日、フジテレビ系「バイキング」に出演。藤井聡太七段(17)が第91期棋聖戦五番勝負に史上最年少で挑み、第1局を勝利した8日の対局中に渡辺明三冠(36)=棋聖・棋王・王将=が頼んだ昼食のうな重は、藤井七段への「好きな物を気兼ねなく注文しなさい」という”気遣いのメッセージ”だと明かした。
 番組では、藤井七段は980円のカツカレー、渡辺三冠は3600円のうな重を頼んだと取り上げ、毎度メディアに取り上げられる”勝負メシ”トークに、出演したタレントのヒロミは「うな重対カツカレーみたい」とあきれ顔。そこに一石を投じたのが山口女流二段。「うな重は結構重要なポイント」と切り出すと、渡辺三冠は食事がスポンサー持ちになることが多いタイトル戦では1500円以内しか注文しないことが棋界では有名と説明し、「1500円以上の物を藤井七段が頼みにくくなってはいけないというのを踏まえて、あえてうな重という高価な物を頼んだ」と藤井七段への気遣いの現れだと解説した。
 勝負メシに隠れたメッセージがあったという衝撃の情報に、MCの坂上忍は「ちょっと待って」と驚き、「ほら、食べ物重要なんですよ」とヒロミに向かって、冗談っぽく食ってかかっていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ