本文へ移動

「ストレート奪取も視野…」将棋界のレジェンド『ひふみん』も藤井七段の棋聖戦先勝を祝福

2020年6月8日 22時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤一二三・九段

加藤一二三・九段

 元祖天才少年棋士で「ひふみん」の愛称でも親しまれる加藤一二三・九段(80)が8日、棋聖戦で先勝した藤井聡太七段を褒めちぎり、無傷での最年少タイトル奪取に胸を膨らませた。
 「藤井聡太七段、見事な勝利おめでとうございます!!!」と祝福した上で「タイトル戦の檜舞台で先手番矢倉を選択され、一流棋士に相応しい指し回しで、終始『攻めの矢倉』を貫いて絶妙な闘いぶりで勝ちきられましたね」と勝ちっぷりを称賛した。
 棋聖戦五番勝負は8日に東京の将棋会館で第1局が行われ、先手の藤井七段が157手で勝利。加藤九段は「快心の勝利というべき一局。ストレート奪取も視野に入り今後の展開がより一層楽しみでなりません」と期待を寄せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ