本文へ移動

紫色鮮やか、3万本見頃 木祖・あやめ公園池

2020年6月8日 05時00分 (6月8日 05時00分更新)
鮮やかに咲き誇るアヤメ=木祖村のあやめ公園池のアヤメ畑で

鮮やかに咲き誇るアヤメ=木祖村のあやめ公園池のアヤメ畑で

 木祖村菅のあやめ公園池でアヤメが見頃を迎え、鮮やかな紫色の花が一帯を美しく彩っている。
 あやめ公園池は、農林水産省の「ため池百選」にも選ばれている農業用ため池。周辺に自生していたアヤメを、地元住民が株分けなどをしながら増やしてきた。千二百平方メートルの畑に約三万本が生育し、毎年この時期に花を咲かせている。
 近くで民宿を経営しながら手入れをしている奥原茂雄さん(72)は「今シーズンは六月初旬に咲き始めた。花数も多く、色も濃い。例年以上にきれいに咲いている。今月二十日までは十分に楽しめると思う」と笑みを浮かべた。
 七日は、地元の菅生産森林組合と菅地区里山整備利用推進協議会が池周辺の環境整備活動をし、関係者約二十人が間伐や草刈り作業に汗を流した。
 七月には池の周囲にカエデの苗木を植樹する計画で、奥原積組合長(65)は「公園池にはアヤメ畑や水辺の自然が豊かにある。地域の人に関心を持ってもらい、楽しんでもらえる場所にしていきたい」と話した。  
 
 (一ノ瀬千広)

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧