本文へ移動

阪神が練習試合早くも10発目!北條が先制2ラン

2020年6月7日 15時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・北條(球団提供)

阪神・北條(球団提供)

◇7日・練習試合 阪神ーソフトバンク(甲子園)


 阪神がアーチ量産だ。阪神・北條史也内野手(25)が3回、左腕の和田から左越えに先制2ラン。練習試合再開後、チームにとっては6試合目で早くも10本となった。
 3回の2死一塁。外角のチェンジアップを空振りしてカウント2ー2。次の甘くなった139キロ直球を仕留めた。「前の打席の反省を生かして打つことができた。もう1本、2本と打てるように頑張ります」
 昨季、阪神はリーグ5位の94本塁打(リーグワーストは中日90本)。外国人選手に依存した打線は、マルテも途中加入したソラーテも長距離砲としてはあまり機能しなかった。今季は長打力不足を補うためにボーア、サンズを獲得。練習試合再開後、ボーアが3試合連続アーチをかけ、サンズも1本塁打。ベテランの福留にも糸井にも一発が飛び出している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ