本文へ移動

J1川崎が桐蔭横浜大MF橘田健人の来季加入内定を発表「日本一うまいチーム」で“恩人”中村憲剛の背中追う

2020年6月5日 22時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎への来季加入が内定し、オンライン取材に応じた桐蔭横浜大の橘田

 
 J1川崎は5日、桐蔭横浜大のMF橘田健人(たちばなだ・けんと、4年・神村学園)の来季加入内定を発表した。橘田は同日、オンラインでの記者会見に臨み「小さいころから試合を見ていた。素晴らしいパスワークに憧れていたので、そのチームに入れてうれしい」と喜びを語った。
 橘田にとって、川崎の元日本代表MF中村憲剛(39)は神戸のMFイニエスタ(36)と共に「憧れ」と口にする存在。今年1月に川崎の宮崎キャンプに参加した際、同部屋となった中村から授かった金言が心に染みた。キャンプ中、プロのパスや判断のスピードに戸惑いを感じて相談すると、「こういうプレーがプロでは必要だ」と親身になって、止めて蹴ることの徹底からメンタルの持ち方まで、多岐にわたって答えてくれたという。その優しさに触れ、川崎への思いを強くした。
 一時は「厳しい」と諦めかけた、プロへの道。それを課題だった守備面を向上させるなど、地道な努力で切り開いた。昨季は関東大学1部リーグで全試合フルタイム出場するなど、リーグ戦2位にまで躍進を遂げた桐蔭横浜大の柱に成長。同じく関東大学リーグの中大出身で、日本を代表する司令塔になったレジェンドを追い、これからは「日本一うまいチーム」という川崎で、橘田が研さんを重ねる。

桐蔭横浜大・MF橘田健人=2019年12月22日、浦和駒場スタジアムで


 ▼橘田健人(たちばなだ・けんと) 1998(平成10)年5月29日生まれ、鹿児島県霧島市出身の22歳。168センチ、65キロ。MF。鋭いドリブル突破を武器にする運動量豊富なボランチ。鹿児島・神村学園高を経て桐蔭横浜大へ進学。昨季は関東大学1部リーグで全試合フルタイム出場し、リーグ戦2位に貢献した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ