動物型フェースシールド 浜松の会社、HPで無料公開

2020年6月6日 05時00分 (6月6日 05時03分更新)

型紙を公開した動物のお面のようなフェースシールド=浜松市中区で

 システム開発などを手掛ける「メディアミックス」(浜松市中区)は、新型コロナウイルス感染防止のため顔を覆うフェースシールドの型紙を特設ホームページ(HP)で公開した。イヌやネコ、ウサギなど動物のお面のような九種類を用意した。型紙は幼児用で無料でダウンロードできる。 (角野峻也)
 子どもに楽しく感染予防に努めてもらう狙い。本業のHP制作などで培ったデザイン力を生かし、愛らしい型紙に仕上げた。子どもたちがはさみで切りやすいように形が線対称になるよう工夫した。
 作り方は簡単で、型紙をA4サイズの用紙に印刷。指示通り切り抜いて百円ショップなどで販売している透明なプラスチック板などを貼り厚紙で作ったバンドを取り付ける。バンドには輪ゴムを付け、長さを調整できるようにした。
 型紙は意見を踏まえて順次改良し、動物もヒョウやリス、カエルを追加する予定。色付けされたカラー版と、自由に色塗りができるぬりえ版の二パターンも用意した。
 HPは現在、日本語のみの表示だが、英語やポルトガル語、中国語などに対応する予定。同社の鈴木宏昌社長は「新型コロナウイルスとの闘いはまだまだ続く。子どもたちがフェースシールドを楽しみながら作って感染予防に役立ててほしい」と話した。
 ダウンロードは特設HP=https://www.medi.co.jp/face−shield/=から。(問)メディアミックス=053(401)2250
PR情報