お帰りなさい! 復原町並へ 福井の朝倉氏遺跡、約2カ月ぶり再開

2020年6月6日 05時00分 (6月6日 10時04分更新) 会員限定
スタッフ(左)から説明を受け散策を楽しむ来場者=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡復原町並で

スタッフ(左)から説明を受け散策を楽しむ来場者=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡復原町並で

  • スタッフ(左)から説明を受け散策を楽しむ来場者=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡復原町並で
  • 遺跡内の斜面に愛らしい花を咲かせるユキノシタ
 新型コロナウイルスの感染拡大で休場していた一乗谷朝倉氏遺跡の復原町並(福井市城戸ノ内町)が五日、再開した。約二カ月ぶりの開場となり、マスク姿の来場者が見学を楽しんだ。
 復原町並は四月十一日から休場し、五月二十五日に緊急事態宣言が全都道府県で解除されたため再開を決めた。滋賀県長浜市から夫婦で訪れた会社員の男性(58)は、NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」を見て関心が高まったといい、「このあたり一帯、のんびりした雰囲気が良いですね」と散策していた。
 来場者には窓口での検温や連絡先の記入を求め、消毒液を置くなど感染対策を取っている。当面は着付け体験やタブレットの貸し出しは見合わせる。
 再開を記念し六、七、二十、二十一日に復原町並の南側入場口近くで、ペットボトル入りの福井の名水「おもてな水」を各日とも午後一時から先着二百人に無料提供する。遺跡の諏訪館跡庭園の北側斜面では、ユキノシタが愛らしい薄ピンク色の花を咲かせている。十日ごろまで見られるという。 (坂本碧)
PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧