【愛知】特別定額給付金の宛名、市役所でないの? 一宮市など説明不足  

2020年6月6日 05時02分 (6月6日 06時21分更新) 会員限定
一宮市の特別定額給付金の郵送申請に使う返信用封筒=同市役所で

一宮市の特別定額給付金の郵送申請に使う返信用封筒=同市役所で

  • 一宮市の特別定額給付金の郵送申請に使う返信用封筒=同市役所で
 国の特別定額給付金を郵送で申請する際に使う、一宮、江南両市の返信封筒の宛名が民間業者になっているため、両市の市民から「詐欺では」などと心配する声が上がっている。自治体が業務を民間に委託しているためだが、両市は「安心して申請してほしい」と理解を求めている。
 「なぜ宛名が市役所じゃないのか」。一日、自宅に書類が届いた一宮市内の男性(77)は不審に思った。返信用封筒には、名古屋市内の住所と大手旅行会社・近畿日本ツーリスト中部の宛名が印字されていた。男性は「委託したことを知らせるべきでは」と憤る。隣の江南市の自営業女性(60)も「詐欺と疑ってしまう。誰か分からない相手先に個人情報を書きたいと思わない」と打ち明けた。
 両市は、同社に給付金の審査とコールセンターなどの業務を委託。一宮市財政課の担当者は「(同社は)大きな会場や人数を確保でき、外国語にも対応できるため」と委託の理由を説明。同社とは個人情報の保護について契約書を交わしている。
 自治体が給付金業務を民間委託することについて、総務省の担当者は「自治体に任せており、委託は認めている」という。それでも、両市には不安に思う市民からの問い合わせが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧