本文へ移動

J1鹿島・杉岡大暉「しっかり治せた」リーグ再開とともに待望の新天地デビューへ「練習も熱が入る」

2020年6月4日 19時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで取材に応じる鹿島のDF杉岡

オンラインで取材に応じる鹿島のDF杉岡

 J1鹿島のU-23日本代表DF杉岡大暉(21)が4日、クラブ主催のオンライン取材に応じた。7月4日のリーグ再開に向けて「目指すところが決まるとより練習も熱が入る。そこに合わせて調整できるのではっきりしていい」と語り、待望の新天地デビューに意欲を見せた。
 湘南から加入した杉岡は右太もも裏に負ったけがの影響で、1、2月の今季公式戦3試合はいずれもベンチ外と出遅れた。ただ、約3カ月間の中断期間で「しっかり治せた」そうで、レギュラー奪取へのモチベーションは高い。公式戦再開後は過密日程が避けられないため「チーム全員の力が必要。そこで力になれるように準備していきたい」と前向きに話した。
 来夏の東京五輪に臨むU-23日本代表の主軸候補。杉岡は「(五輪延期で)うまくなれる時間ができた。レベルアップして、五輪に向かえればいい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ