本文へ移動

【最年少冠へ】藤井聡太七段 永瀬拓矢二冠戦始まる 最年少挑戦懸かる運命の大一番 棋聖戦挑戦者決定戦

2020年6月4日 10時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太七段

藤井聡太七段

 いよいよ運命の大一番を迎える。将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)は4日、第91期棋聖戦挑戦者決定戦・永瀬拓矢二冠(27)戦に登場。対局は東京・千駄ケ谷の将棋会館で午前10時から始まっている。持ち時間は各4時間で使い切ると1分将棋。先後は振り駒で決められ、藤井七段は後手となった。戦型は相掛かりに進んでいる。
 本局の勝者が渡辺明棋聖(36)への挑戦権を獲得する。藤井七段が勝って8日に開幕する五番勝負の舞台に立つと、史上最年少タイトル挑戦記録17歳10カ月20日を樹立する。これまでの最年少挑戦は屋敷伸之九段(48)の17歳10カ月24日で、これを4日更新する。永瀬二冠が勝てば、2回目の棋聖挑戦となる。
 両者は「VS」と呼ばれる1対1の練習将棋仲間としても知られる。互いに相手の長所を吸収し合い、新境地を開いてきた経緯がある。かつて兄弟弟子だった升田幸三実力制第四代名人と大山康晴十五世名人が、修業時代の練習将棋を通して互いの棋風を形成し、後の升田・大山時代を築いたのは有名な話だが、それをほうふつさせる。
 公式戦では初手合いの永瀬―藤井戦だが、これから棋界屈指の黄金カードとなるのは必至。何より2人がここで激突するのは運命的なものを感じる。本局に熱視線を注ぐ全国のファンは、新たな伝説開幕の目撃者となる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ