<おはよう出番です> 東儀秀樹

2020年6月4日 05時00分 (6月4日 09時18分更新) 会員限定
東儀秀樹

東儀秀樹

  • 東儀秀樹
 宮廷や寺社で演奏されてきた雅楽。一般になじみの薄い音色に親しんでもらおうと、現代音楽と融合させてきた。今年はデビュー25年目。雅楽師の肩書はややもすれば業績の本質を見誤らせる。独創性の核には、和洋を超えた音楽への興味から、音の可能性を引き出そうとの熱意がある。
 自身でボディーが赤茶色に輝くエレキギターを滑らかに爪弾く。音色は聴く人の芯に、良質のジンに酔いしれるように染み渡る。
 メーカーはどこかというと、ヘッドに「Togi」のロゴ。マホガニー材の板や工具を使いこなし、二月に全て自力で仕上げた。
 「ギターは、雅楽の公演の合間に狩衣(かりぎぬ)姿で弾くことも」。それも人生で最初に受けた音楽的な刺激が「幼稚園の時に聴いたビートルズ」と聞けば合点がいく。中高生の時、洋楽のロックやジャズにのめり込んだ。
 英国発のバンド「ピンク・フロイド」が気に入り、アルバム「狂気」に着想を得た曲を作ったことも。キーボードなどを弾く米歌手のエドガー・ウィンターも聴き込み、「ハードロックから歌謡曲みたいなメロディーまで、柔軟にこなせるのがいい」と評する...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報