本文へ移動

阪神・藤川が腰の張りで緊急降板…打者5人目、広島・堂林にカウント2-2の場面で

2020年6月3日 16時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・藤川(球団提供)

阪神・藤川(球団提供)

◇練習試合 阪神-広島(3日・甲子園)


 阪神の守護神、藤川球児投手(39)にアクシデントが発生した。3日、広島との練習試合(甲子園)で5回に登板。先頭の西川にフォークを左前へうまく運ばれたあと、メヒアに真ん中の直球を左越えに特大アーチを浴びた。この先制2ランのあと、長野にも左前安打され、続く会沢は空振り三振に仕留めたが、1死一塁で堂林にカウント2―2となったところで降板した。
 トレーナーがマウンドに駆け寄り、藤川はベンチに下がり、そのまま交代した。球団広報によると、腰の張りを感じたため大事を取って降板。4日以降は様子を見ながら調整するが、開幕まで約2週間。不安を抱えることになる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ