(30)生涯忘れられない日

2020年6月3日 05時00分 (6月3日 11時55分更新) 会員限定
コブクロの小渕健太郎さん(右)と黒田俊介さん(左)と夢の対面を果たした筆者

コブクロの小渕健太郎さん(右)と黒田俊介さん(左)と夢の対面を果たした筆者

  • コブクロの小渕健太郎さん(右)と黒田俊介さん(左)と夢の対面を果たした筆者
 二〇一六年四月。私は入院中で、打ちひしがれていた。そんな中、音楽界につてがある友人から母に連絡があった。大ファンの「コブクロ」の小渕健太郎さんが、お見舞いを検討してくださっているとのことだった。
 私は号泣した。悔し涙だった。本当は入院前の三月に、コブクロの小渕さんと黒田俊介さんに会う夢をかなえていたはずだった。入院中の私は声が出なかった。お二人には、どうしても自分の声でお礼を言い、元気な姿を見せたかった。私は、丁重に断ることにした。友人も母も驚いていた。でも本気の夢こそ、妥協はしたくなかった。
 半年後、私は奇跡的に声を取り戻し、完全復活した。その友人と名古屋のコブクロのライブへ行き、終演後に会う時間を取ってもらえることになった。
 私は緊張で胸が高鳴った。ついに待望の対面を果たした瞬間、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報