本文へ移動

紫の“ポンポン”南越前で風に揺れる

2020年6月3日 05時00分 (6月3日 05時00分更新)
さわやかな風に紫色の球体が揺れるアリウム・ギガンチウム=南越前町脇本で

さわやかな風に紫色の球体が揺れるアリウム・ギガンチウム=南越前町脇本で

 ポンポンのような球状に花が咲く「アリウム・ギガンチウム」が南越前町脇本の畑で見頃を迎えている。鮮やかな紫色の球体がすっくりと立ち上がり、道行く人の目を楽しませている。
 ネギ属の球根植物で、細長く伸びた茎の上に、小さな花が集まって直径十センチ前後の球体を形作っている。同町上野の谷崎多恵子さん(71)が国道365号沿いの畑の一画で、十年以上前から観賞用に栽培。年々増えており、今季は昨秋植えた約千個の球根が芽を出した。
 谷崎さんは「雑草取りが大変だったが、今年もきれいに咲いてくれた」と見とれていた。見頃は今月中旬までという。 (玉田能成)

関連キーワード

おすすめ情報