悪疫退散願う花火が長浜の夜空彩る

2020年6月3日 05時00分 (6月3日 13時53分更新) 会員限定
長浜港上空で打ち上げられた花火=長浜市で

長浜港上空で打ち上げられた花火=長浜市で

  • 長浜港上空で打ち上げられた花火=長浜市で
 一日夜にあった全国の花火製造業者による「全国一斉悪疫退散祈願『Cheer up! 花火プロジェクト』」は県内でも三社が参加。長浜市では柿木花火工業が長浜港上空に火の大輪を咲かせ、新型コロナウイルスの退散を祈願した。
 同社は、三分間で計七十五発を打ち上げた。開催を知らせるように小さい花火から始め、医療従事者を応援する青色の花火も九発披露された。最後は、無数の金色の光がまたたきながら垂れ下がっていく「金冠(きんかむろ)」などで盛大に締めくくった。柿木博幸社長(51)は「空を見上げて、皆が元気になってくれれば」と話した。
 今年は新型コロナによるイベント自粛で花火の打ち上げも中止が相次ぎ、同社でも二十件以上あった予約がほぼキャンセルされた。
 同社では、個人による打ち上げ注文も受け付けている。(問)同社=0749(62)3503 (川添智史)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧