収束願い越前市で夜空に彩り

2020年6月3日 05時00分 (6月3日 05時00分更新) 会員限定
サプライズで打ち上げられ、県民に一時の安らぎを与えた花火=越前市高木町で

サプライズで打ち上げられ、県民に一時の安らぎを与えた花火=越前市高木町で

  • サプライズで打ち上げられ、県民に一時の安らぎを与えた花火=越前市高木町で
 新型コロナウイルスの収束を願い希望や元気を届けようと、同日同時刻に花火を打ち上げるプロジェクトで、全国の花火業者が一日、各地で一斉に花火を打ち上げた。県内では越前市高木町の上木銃砲火薬店が、市内二カ所で実施。コロナの影響で花火大会が中止になる中、光の大輪が夜空を彩り、上木康広社長(55)は「皆さんに喜んでもらえたのならうれしい」と話した。
 一日午後八時から同店近くと日野川河川敷で、七十五発ずつを打ち上げた。時間は二分半ほどだったが、色とりどりの花火が夜空を彩った。花火玉には新型コロナ収束を願う市民のメッセージを貼って、打ち上げた。高木町では家族連れらが観賞する光景も見られ、子どもたちから歓声が上がった。フェンシング選手の佐藤希望(のぞみ)さん(33)=武生商高出身=も家族とともに観賞し「今年は花火大会がないと聞いていたので、子どもたちと一緒に見ることができて幸せ」と喜んだ。
 同店は越前市サマーフェスティバル、南越前町の河野夏まつりなどで例年、花火の打ち上げを手掛けている。今年は両花火大会が中止になるなどし、経営面にも影響が出ている。上木社長は来年に向け「早く収束して、良い花火を上げた...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報