【「あなた」のお医者さん】9地域のため院外でも活動

2020年6月2日 05時00分 (6月2日 11時05分更新) 会員限定
 皆さんの地域には、病気や健康に関する「市民公開講座」などの催しがあると思います。テーマは健康のために日ごろ気を付けること、健康診断やがん検診の勧め、最新の医療の紹介などさまざま。治療も予防も皆さん一人一人が正確な情報を知ることが大事です。その機会を提供し、健康維持と向上を目指すのが催しの狙いです。
 医師が地域にできることの一つは、このように病院から出て地域の皆さんにお話しする活動です。公開講座のように大規模なもののほかに、地域の子育てサークルや学校、スポーツチーム、商工会、企業に出向くことも。地域の発展や安心のために活動できるのは、微力ですがうれしいことです。
 お話をすること以外にも、例えば、糖尿病など特定の疾患が多い地域や予防接種率が低い地域など、その地域の特徴を捉えて活動することもあります。その理由を調べ、課題を特定し、問題解決に当たります。その場合、住民が個々に知識を得て実行するだけでなく、住民の活動と健康を支援する環境づくりが大切になります。
 住民が自分の健康をコントロールして改善できるようになる過程を「ヘルスプロモーション」と...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

医療ニュースの最新ニュース

記事一覧