巨人・大城、紅白戦「4番・捕手」で特大の一発!サンチェスの直球「完璧にとらえ」右翼席中段へ

2020年5月31日 15時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大城卓三

大城卓三

  • 大城卓三
 巨人の大城卓三捕手(27)が31日、紅白戦(東京ドーム)に「4番・捕手」で先発出場し、特大の一発を放った。
 4回1死からサンチェスのストレートを振り抜くと、打球は右翼席中段へ。原監督が「飛び抜けて成長できる可能性も持っている」と評する若武者がアピールに成功した。大城は「完璧にとらえることができました。次の打席も良い打撃ができるように頭を整理していきます」とコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ