「死ね、目障りだ…」藤田ニコル&ダレノガレ明美がネット上の誹謗中傷経験談明かす

2020年5月31日 13時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤田ニコル(左)とダレノガレ明美

藤田ニコル(左)とダレノガレ明美

  • 藤田ニコル(左)とダレノガレ明美
 31日放送のTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」は、亡くなった女子プロレスラーの木村花さんがネット上で批判を受けていた問題を取り上げ、モデルの藤田ニコル(22)、タレントのダレノガレ明美(29)がそれぞれ誹謗(ひぼう)中傷を受けた経験談を明かした。
 木村と同い年という藤田は死を悼みつつ、「(自分が)テレビの出はじめのころはすごかったです。死ね、目障りだ、声が嫌いだ、見たくないと来ていました。ストレス発散じゃないんだよと思いますね」と話した。
 またダレノガレは、1日に多いときには、1000通もの批判コメントが届くとし、「芸能人だから耐えなきゃもあるし、事務所のサポートもあるけれど、最近入った一般の子は耐えきれないと思います」と木村の心情を察した。
 そして自身が受けた中傷について「毒舌キャラだったので、消えろ、死ね、いなくなれ、国に帰れとか番組に出るたびに100通、200通、300通と来ることが多かった」と明かした。そのほとんどが匿名だったそうで、そういう人たちは「よくないことが起きるとすぐに消して逃げるのが多い」とした。
 なぜSNSをやめないのかとの問いに藤田は「私は好きな人たちだけに届けたい。やめればできない」と話し、ダレノガレは「私は動物のボランティアをやっているので、つながって助けられている命もある。自分が何かされたときに発信する場所がない」とそれぞれ理由を説明した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ