[スキーモーグル]2年連続W杯総合2位の堀島行真が張本勲さんと共演 特技のけん玉披露も「あっぱれ」もらえず

2020年5月31日 12時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
TBSテレビ系番組「サンデーモーニング」にリモート出演して特技のけん玉を披露するするフリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真(本人提供)

TBSテレビ系番組「サンデーモーニング」にリモート出演して特技のけん玉を披露するするフリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真(本人提供)

  • TBSテレビ系番組「サンデーモーニング」にリモート出演して特技のけん玉を披露するするフリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真(本人提供)
フリースタイルスキー・モーグル男子で、今季2年連続でW杯総合2位となった堀島行真(22)=トヨタ自動車=が31日、TBSテレビ系番組「サンデーモーニング」にリモート出演した。
 司会の関口宏(76)からコロナ禍の影響を受けているかを聞かれた堀島は「今の期間はすごく練習できなくて、困ってはいます」と返答。しかし、6月上旬から練習場となる室内スキー場などが開くことを明かすと「本格的にまたできるかなという見通しは立っています。コロナに気をつけながら練習できるかなと思っています」と前向きな姿勢をみせた。
 番組では非五輪種目のデュアルモーグル形式で行われて優勝した3月のW杯第9戦(カザフスタン)の映像も紹介。ライバルのミカエル・キングズベリー(カナダ)との決勝を「先行して何とか自分の目標を達成できたかなと思います」と振り返った堀島。悲願のW杯総合優勝へ「(キングズベリーは)安定感が素晴らしい選手なので、それに僕が勝っていくという面で考えると、安定感をどんどん伸ばしていかないといけないなと思っています」と意気込んだ。
 また、特技のけん玉の腕も披露すると、関口からは「あっぱれ」をもらったが、リモート共演した野球評論家の張本勲さん(79)に「これくらいで、あっぱれをやったらダメだよ」といわれて苦笑いする一幕もあった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ