阪神・秋山「結果を早く求めすぎずに」31日の紅白戦登板へ 先発候補の藤浪、高橋遙は2軍落ち「埋める気持ちで」

2020年5月30日 13時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
甲子園で練習する秋山(球団提供)

甲子園で練習する秋山(球団提供)

  • 甲子園で練習する秋山(球団提供)
 阪神の秋山拓巳投手(29)は30日、甲子園球場で練習を終えたあと球団を通じてオンライン取材に応え、開幕に向けての意気込みを語った。
 31日には甲子園球場での2度目の紅白戦に登板する予定だ。ここまでシート打撃に登板して調整してきたが、「ただ投げているだけという感じだったので、今回はしっかり配球、意図した球を投げられるようにしたい。結果を早く求めすぎずにやれば、結果はついてくると思います」と、2日から始まる練習試合に向けて試運転に臨む。
 開幕ローテーションを争っていた2投手が2軍落ちした。藤浪は練習遅刻により懲罰降格。左腕の高橋遙はコンディション不良のため開幕は絶望的。2人の先発候補が消えたとあって、2017年には自己最多12勝を挙げた右腕に寄せられる期待も大きくなる。
 「遙人(高橋)に関しては期待されていたと思うので、いないっていう状況なので、そこを埋めるくらいの気持ちでいます」と抱負を語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ