【NHK大河ドラマ「麒麟がくる」明日はどうなる】光秀は戦を回避すべく、先鋒を任された松平元康に目を付ける

2020年5月30日 12時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
織田信長(染谷将太)=NHK提供

織田信長(染谷将太)=NHK提供

  • 織田信長(染谷将太)=NHK提供
 駿河の今川義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を開始。かつての人質で、成人した松平元康(旧名・竹千代、風間俊介)が、その先鋒(せんぽう)を任されることになる。
 そのことに目を付けた光秀(長谷川博己)は、この戦を回避させるべく、帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)に元康の母・於大(松本若菜)と叔父・水野信元(横田栄司)と接触をするように仕向ける。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ