初の紅白戦 手袋するコーチ、しないコーチ…かつてのルーティンはもう通用しない コロナ対策で試行錯誤の日々は続く

2020年5月30日 10時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
紅白戦の5回裏2死一、二塁、打者阿部の適時打で、一走高橋(右)に指示を出す荒木コーチ

紅白戦の5回裏2死一、二塁、打者阿部の適時打で、一走高橋(右)に指示を出す荒木コーチ

  • 紅白戦の5回裏2死一、二塁、打者阿部の適時打で、一走高橋(右)に指示を出す荒木コーチ

◇渋谷真コラム・龍の背に乗って

 
 6イニングの紅白戦。記者席から野球の新様式をながめていた。選手は両ベンチに分かれたが、ベースコーチは立ちっぱなし。一塁・英智、三塁・荒木の顔触れはビフォーコロナと同じだが、アフターコロナではマスクは当然としても…。
 「昨日からいろいろと考えたんですが、試合後に確かめたら選手もこちらがいいと言うので、まずは素手ということになりました」
 走者や打者にサインを伝達する荒木コーチが、試行錯誤していたのは手袋問題だ。28日のケース打撃では手袋をしていたが、選手からは「見にくい」という声が出た。この日は白の手袋も用意した上で、素手でトライ。もちろん伝達ミスはなく、攻撃中は手袋なしで立つことになりそうだ。一方、手袋をつけていたのが英智コーチ。こちらは一塁ならではの理由がある。
 「(出塁した)選手からレガーズを受け取ったりしますから、今年はこの形になると思います」
 選手から渡され、ボールボーイに渡すのも任務のひとつ。感染リスク軽減のためには手袋は外せないのだ。
 ダブルマスク問題に直面しているのが、ブルペン捕手だ。ほとんどの本拠地球場のブルペンには窓がなく、密になりがち。感染防止のマスクはもちろん、その上に捕手用のマスクをかぶる。息苦しさは増すが、これも慣れねばならぬ新様式なのだ。
 この日は2本の本塁打が出たが、言うまでもなくエアタッチ。すでに3月から徹底されており、選手もコーチもごく自然にできていた。ブルペンで準備する順番や人数、食事や入浴にトレーニング、移動方法、共有する用具の管理…。球場に入ってから出るまで、かつての常識が通じなくなることは、山ほどある。適応と変化。手探りを続けながら、少しずつ前へ進む。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ