本文へ移動

【朝刊】契約確認書類など4万件超送付漏れ 中電ミライズ

2020年5月30日 05時00分 (5月30日 05時01分更新)
 中部電力の販売事業会社「中部電力ミライズ」は二十九日、新規顧客に交付する「契約内容確認」などの書類を、四万三千九百六十二世帯に送付していなかったと発表した。書類を自動作成し、発送するシステムに不備があったという。
 契約内容確認には、契約開始日や支払い方法などが記されている。料金算定などを説明するパンフレットとともに、一部の顧客への交付が電気事業法で義務付けられている。同社は全顧客に自主的に送付しているが、昨年十二月〜今年五月に電気を使い始めた顧客の一部に送付されなかった。システムは既に修正されており、六月一日以降、一式を送付する。料金徴収に不備はなかった。
中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

PR情報