家事代行で ほっと 医療・介護関係の方、おつかれさまです。ウーマンスタイル 利用時に特典 

2020年5月30日 05時00分 (5月30日 05時00分更新)

作り置き料理を前に「利用者の皆さんからの反応が励みになる。気軽に利用して」と話す「おたすけママン」の女性=石川県白山市で


 仕事や家事にてんてこ舞いの人と、家事代行をする女性「おたすけママン」を結び付けるサービスを展開するウーマンスタイル(金沢市)は、医療、介護の仕事に携わる人を対象にキャンペーンを始めた。新型コロナウイルスの感染対策などで、多忙な人や家族のために気軽な利用を呼びかけている。七月末まで。(沢井秀和)
 病院、クリニック、保健所、介護福祉施設などに家族か本人が勤める人が対象。新規登録して初回を利用した後、三千円相当のポイントをプレゼントする。
 料金は平日が一時間千七百円(税別)から。同じ「ママン」に月四回頼んだ場合、三時間の利用で一回あたりの平均額は四千八百七十五円(同)。全国チェーンの家事代行に比べて割安に設定してある。
 サービスは昨年二月から開始。子育てや仕事に励むひとり親、つれあいを介護する人、二人目の子どもを授かった妊婦らさまざまな人が受けている。記念日や自分へのほうびとして定期的に利用する人も。
 ママンには看護師、管理栄養士、保育士、ヘルパー、主婦らが登録している。
 石川県白山市の女性(57)は二十年余り調理師として保育所、病院、ホテルで食事を提供してきた。現在はママンとして一〜二週間の料理を作り置きする家事代行をする。偏食がちな子どもが好き嫌いがなくなったほか、出した料理やケーキを何回もリクエストされることもある。この女性は「これまで私自身も家事と仕事を頑張り過ぎた面がある。自分がいっぱい、いっぱいになる前に使ってもらえれば、うれしい」と話している。
 ウーマンスタイルによると、北陸は共働き率が高いが、「子どもにちゃんとしたご飯を食べさせられない」「部屋が散らかり放題でごめんね」といった罪悪感がある人が少なくない。
 成田由里社長は「仕事、家事、育児の全部に百点満点がとれないのは当たり前。医療、介護従事者に限らず、利用してほしい。家事で困っている人を助け、支えあう土壌をつくっていきたい」と話している。
 ママンには洗濯、掃除、整理・収納、託児も依頼できる。活動地域は金沢、石川県内の白山、小松、かほくの各市など。詳しくは「おたすけママン」で検索。問い合わせはウーマンスタイル=電076(227)8062、平日の午前九時〜午後五時=へ。

関連キーワード

PR情報

北陸経済ニュースの最新ニュース

記事一覧