イベント自粛、段階的に緩和 滋賀県知事「経済活動引き上げ局面へ」

2020年5月30日 05時00分 (5月30日 11時05分更新) 会員限定
 県は二十九日、新型コロナウイルス感染症対策本部員会議を開き、六月一日からの感染防止対策を示した。外出自粛の要請を解除し、イベントの開催自粛も感染状況の評価を行いながら、三週間ごとに段階的に緩和していく。三日月大造知事は「県内の感染状況は落ち着いており、社会経済活動のレベルを引き上げる局面に移行する」と述べた。
 外出は県内外を問わず自粛の要請はしない。ただし、首都圏と北海道、感染者が多数発生している地域への移動と、接客を伴う飲食店などクラスターが発生している施設への外出は、六月十八日までは不要不急の場合は控えるよう呼び掛ける。
 県外からの利用者が多く見込まれる琵琶湖岸の駐車場の閉鎖も解除する。
 イベントの開催は、六月一日から七月三十一日までを三つのステップに分けて、収容人数の上限を百〜五千人と段階的に緩和していく。施設の収容率は屋内で定員の50%、屋外で二メートル程度の間隔を確保することとし、人数上限か収容率のどちらか小さい方を目安とする。
 県はイベントなどを訪れた人の中から感染者が出た場合に、他の参加者にも情報を周知するため、LINEを使った感染拡大防止システムも六月半ばごろに導入す...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報