奥野さん「福井のサッカーを強く」 テクニカルダイレクター就任

2020年5月30日 05時00分 (5月30日 05時00分更新) 会員限定
テクニカルダイレクターに就任した奥野さん=福井市の県サッカー協会で

テクニカルダイレクターに就任した奥野さん=福井市の県サッカー協会で

  • テクニカルダイレクターに就任した奥野さん=福井市の県サッカー協会で
 県勢初のJリーガーで、大宮アルディージャ(現J2)で選手、指導者として長く活躍した奥野誠一郎さん(45)=丸岡高出身=が、県サッカー協会のテクニカルダイレクターに就任した。本年度から小中高校生世代の選手と指導者の育成を担う。「福井のサッカーを強くする」。決意を込めて宣言した。
 丸岡高を卒業後、一九九三年に横浜フリューゲルスに所属。九八年から大宮に移るとセンターバックとして輝いた。十年間プレーし、二〇〇四年のJ1昇格などを経験した。現役引退後もジュニアユースの監督やトップチームのコーチなどを務め、指導力を磨いた。
 日本協会は本年度から、指導者と選手育成の専任者を設ける都道府県へ支援を始めた。県内にJリーグチームがなく全国的に選手強化が遅れた背景も踏まえ、県協会はこれに頼った。白羽の矢が立ったのが奥野さんだった。「僕は福井でサッカーをして、技術よりも人間性が磨かれた。恩返しの思いだった」
 今後は県や各地区のトレセンで指導し、指導者向けの講習会などを開く。県内の各チームにも赴き、指導を行う予定。単年契約だが、「日本サッカーの育ての親とされる人...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧