古泉智浩さん 危ない問い、キスで落着

2020年5月30日 05時00分 (5月30日 05時00分更新) 会員限定
ぽんこちゃん(右)とうーちゃんと人気のない海へ

ぽんこちゃん(右)とうーちゃんと人気のない海へ

  • ぽんこちゃん(右)とうーちゃんと人気のない海へ
 二歳の里子のぽんこちゃんの朝は早くて、ひどい日は五時に目を覚まして僕の部屋にやってきます。眠くて対応できない僕は、録画したBS日テレの一時間番組『それいけ!アンパンマンくらぶ』を見せて睡眠時間を稼ぎます。せめて六時半まで寝かせてほしい。
 「パンとジュースがいい」
 見ている途中で飽きるのか、おなかがすくのか、ぽんこちゃんはそう言って僕をリビングに誘います。早い日は六時くらいにパンを焼いて食べさせ、着替えて遊びます。七時半になると、おばあちゃんと寝ている五歳の養子のうーちゃんを迎えに行きます。
 大抵まだ眠っているのを無理やり引き起こしておんぶで連れてきて、まずトイレに行きます。ぽんこちゃんはお兄ちゃんのパンツを持ってトイレに先回りして、便座のカバーを開けてくれます。
 その日、ぽんこちゃんが用意したのはきかんしゃトーマスのパンツでした。「ぽんこちゃん、トーマスすき〜」と言うぽんこちゃんに、便座に座ったお兄ちゃんは「にいにいとトーマスとどっちが好き?」と聞きました。当然「にいにいが好き」と言うものと想定しています。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報