本文へ移動

ロッテ、30日から「CHIBA CITY」グッズの受注販売開始 「フレンドシップシティ」12市の名前入り

2020年5月29日 11時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉県内の12市の名前が入ったロッテの限定グッズ(球団提供)

千葉県内の12市の名前が入ったロッテの限定グッズ(球団提供)

 ロッテは29日、球団オンラインストア限定で30日からフレンドシップシティー12市の名前をワードロゴに落とし込んだ「CHIBA CITY」グッズの受注販売を開始すると発表した。
 フレンドシップシティーとは、球団と「スポーツを通じた地域振興・地域貢献に関するフレンドシップシティ・プログラム協定」を締結している千葉県内の12市で、本拠地のある千葉、秋季キャンプ地の鴨川、県内の2軍試合を開催する市川、市原、浦安、柏、佐倉、袖ケ浦、習志野、成田、船橋、茂原となっている。
 発売グッズは、フェースタオル(1600円)、Tシャツ(3000円、サイズはS、M、L、XL)、パーカ(4600円)、トートバッグ(1800円)、アクリルキーホルダー(700円)、マグカップ(1100円)、カーサイン(900円)、レプリカキャップ(フリーとXLサイズが5000円、ジュニアサイズが4700円)。全て税込み。
 球団は「販売場所はマリーンズオンラインストア。期間は30日午前10時から6月7日午後11時59分まで」としている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ