【朝刊】<コロナの断面>自宅でも「髪切りたい」

2020年5月29日 05時00分 (5月29日 11時28分更新) 会員限定

自宅で髪を切る方法を紹介する貝印の動画=同社提供

 新型コロナウイルスの感染予防に伴う外出自粛を背景に、自宅で髪を切ったり、染めたりする人が増え、カット用のはさみなど理美容関連商品の売れ行きがネット通販やドラッグストアで好調だ。政府の緊急事態宣言が解除されても新型コロナは収束しておらず、理容室や美容室に行くことを控える人はいるため、特需はしばらく続きそうだ。
 岐阜県関市が創業の地である刃物メーカー「貝印」(東京)は五月、動画投稿サイト「ユーチューブ」の同社公式チャンネルで、美容師による髪の切り方講座の公開を始めた。動画では、美容師がはさみやバリカンの扱い方を教え、全体のバランスを取りながら前髪を調整する方法などを助言する。「自粛生活中に髪が伸びてきて、そろそろ切りたい」という人たちの声に応えたもので、「短髪の男性向け」や「子どもの髪の整え方」、「ウェブ会議映えする前髪」など全十四回の動画を用意した。
 動画のコメント欄には「近くの美容室が休業で家族の髪を切ることになった」「早速、すきばさみを買いました」といった声が寄せら...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

経済の最新ニュース

記事一覧