本文へ移動

日本ハム木田コーチ投手陣へ『無理は禁物』実戦へ向け練習強度が上がるも「ケガで遅れるのはもったいない」

2020年5月29日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
チーム練習で投手陣を指導する日本ハム・木田優夫投手コーチ(右端、球団提供)

チーム練習で投手陣を指導する日本ハム・木田優夫投手コーチ(右端、球団提供)

 日本ハムの木田投手コーチ(51)が千葉・鎌ケ谷でのチーム練習後のオンライン取材で、投手陣に「(開幕まで)時間があるので、そこに向けて(調子を)上げてくれればよい」と呼び掛けた。この日は投手が登板してのケース打撃を行うなど6月2日に始まる実戦に向けて練習の強度は上がってきているが、木田コーチは「無理してケガをして、開幕が遅れてしまうともったいない」と明言。あくまで6月19日の開幕戦を見据えて調整を進めていくことを望んでいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ