本文へ移動

救援陣に欠かせないピース・中日Rマル1軍合流 与田監督「去年の実績もあるし期待している」

2020年5月28日 21時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダッシュするR・マルティネス。奥は藤嶋=ナゴヤドームで

ダッシュするR・マルティネス。奥は藤嶋=ナゴヤドームで

 中日のライデル・マルティネス投手(23)が28日、ナゴヤドームで行われた1軍練習に合流した。29日からの紅白戦や来月の1軍練習試合で登板し、開幕へ向かう。
 米・アリゾナ州で3月下旬に開催予定だった東京五輪のアメリカ大陸予選にキューバ代表として出場するため、3月上旬にチームを離れた。しかし、離日直後に新型コロナウイルスの影響で大会が延期になり、すぐに再来日。体調の様子を見ているうちに自主練習期間となり、そのまま2軍で調整をしていた。
 開幕が決まってチームが本格練習の時期となり、この日から1軍に合流。外野でキャッチボールやランニングを行った。「去年の実績もあるし、リリーフでの期待はしている。(状態を)これから確認していく」と与田監督。昨季のシーズン途中には守護神を務め8セーブ。救援陣に欠かせないピースだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ