テラハ打ち切り…小倉智昭「僕大好きなんです」「極端なヤラセはないと信じています」

2020年5月28日 12時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉智昭

小倉智昭

  • 小倉智昭
 フリーアナウンサーの小倉智昭(73)が28日、フジテレビ系「とくダネ!」に出演。同局のリアリティー番組「テラスハウス」の出演者で女子レスラーの木村花さんが22歳で死去したことを受け、同番組が放送を打ち切ることになったことに言及した。
 打ち切りが正式発表されたことなどを番組で特集すると小倉は「僕大好きなんです、テラスハウス。これまでずっと欠かすことなくて」と明かし、「ファンとして納得いかない。若い命を最後まで燃え尽くすことなく終わってしまったのはかわいそうでならない」と沈痛な表情で語った。
 小倉は木村さんが出演するシリーズを録画しており、訃報を受け番組を改めて見直したという。木村さんについては「初々しくて純真なお嬢さん」としたうえで、「おしゃべりのうまい方ではなく、怒りの表現がリング上のプロレスラーみたいな動作としゃべり方になってしまったので、その回だけ見た人はビックリしたと思う」と話し、誤解を受けやすい点を指摘した。
 放送打ち切りの判断には視聴者の間やネット上で、過剰な演出や脚本があったのではないかという指摘があり、番組でも制作側の問題点を追及する討論が交わされた。小倉も「極端なヤラセはないと信じています」と話し、「こういうリアリティー番組すべてはなくなってほしくない」とコメントした。
 また、国際政治学者の三浦瑠麗さん(39)が「彼女の不器用さが出てしまったところで、制作陣が編集した時に『損するんじゃないか』『誤解されてしまうんじゃないか』ということを常に頭の中に入れておいてほしい。それをやらないバラエティー番組があまりに多い」と分析すると、小倉は深くうなずき「今後フジテレビは徹底的に調査をして、何でこういう結果を生んでしまったかということを見ている人に知らせてほしい」と訴えた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ