【朝刊】弥富市長ら3人、給与全額返上へ 6月分

2020年5月28日 05時00分 (5月28日 05時01分更新) 会員限定
 愛知県弥富市は、市長、副市長、教育長の六月分給与を全額カットすることを決めた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置で、市が二十七日、明らかにした。二十九日に開会する市議会六月定例会に関係条例案を提案する。
 特別職三人分の一カ月の給与総額は二百九万三千七百円。全額カットの理由について、市は「新型コロナウイルス感染症における社会情勢に鑑み、市民に寄り添う姿勢を示したかった」と説明。減額分を何に充てるかは今後、議会側とも協議しながら決めていく。
 新型コロナの対策費に充てるため、特別職や議員の給料を減額する自治体はあるが、市によると、特別職がそろって全額を返上するのは珍しいという。
 市は既に、児童扶養手当受給世帯への子ども一人あたり一万円給付や、全児童生徒の七、八月分の給食費無償化など独自の支援策を打ち出している。

関連キーワード

PR情報