【「あなた」のお医者さん】8家族が健康に与える影響

2020年5月26日 05時00分 (5月28日 10時59分更新) 会員限定
 かかりつけ医として診療していると、患者さんの家族が視野に入る時があります。それは、健康についての考え方や行動が家族との生活を通してつくられ、習慣になっていることが多いからです。
 例えば高血圧の方。「うどんやラーメンの汁を全て飲む」「食卓にはしょうゆと塩が置いてあり、いつでも使える」という場合、汁は飲まず、食事は薄味にして食卓に調味料を置かないよう助言します。本人だけでなく家族の血圧も下がり「遺伝と思っていたら食習慣が原因だった」と驚かれることも。運動や喫煙も同様で、家族の習慣が健康に大きく影響します。
 家族のサポートも健康に過ごすために重要です。病院へ車で送り迎えをするなどの物理的なサポート、健康に関して助言する情報のサポート、気遣ったり共感したりする心理的サポートの三つに分けられます。特に心理的サポートは大きな影響があります。話を聞いてもらえ、必要とされていると感じることで健康意識が高まり、健康を維持するようになるのです。
 家族のことを話したくない方や家族がおられない方には、患者さんの置かれている状況を考慮し、できる範囲のサポートを診療の中で行います。自分の健康への考え方や習慣に家...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

医療ニュースの最新ニュース

記事一覧