『SKE』青木詩織のダービー“推し馬”はサリオス「皐月賞は直線の伸びがすごく良かったから…」

2020年5月27日 14時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
青木詩織の本命はサリオス

青木詩織の本命はサリオス

  • 青木詩織の本命はサリオス

◇「第87回日本ダービー」(G1・31日出走・東京・芝2400メートル)


 「第87回日本ダービー」(G1・31日・東京・芝2400メートル)が目前に迫ってきた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける中、ダービーは戦後初の無観客競馬。そんな状況下でも競馬好きを誇る「SKE48」のメンバーが、ダービーを占った。トップバッターは青木詩織(24)。その“推しメン”は…。
 さて、ダービーです。昨年はサートゥルナーリアで当てに行ったんですけど、結果は残念…。やっぱりダービーは競馬の祭典ですからね。当てたい!
 本命は皐月賞2着のサリオスに決めました! 皐月賞で好走した馬はダービーでもいい成績を残す傾向があると聞きまして、このお馬さんが気になりました。皐月賞は馬場の悪いところを通ってでも直線の伸びがすごく良かったし、コントレイルと競り合えるのは、やっぱりこのお馬さんだけかなと。期待も込めて選びました。2400メートルも走り切れると思う。逆転は可能です。
 対抗は皐月賞馬コントレイル。G1を2つも勝っている無敗馬なので外せないです。福永騎手との手も合っているし、お父さんがディープインパクトというのも期待しちゃう。対抗にとどめた理由ですか? とても魅力的なお馬さんですが、簡単に乗っかるのはちょっとなあと思ったので、ここにしました。
 3番手評価はワーケア。ルメール騎手が乗るということで。ずっと乗ってきたジョッキーだけにうまく動かしてくれるかなと。皐月賞を使わず、ダービーに臨むと聞いたのでフレッシュな状態だと思う。上位には食い込んでくるんじゃないかな。要注意はサトノフラッグです。前走の皐月賞で直線、伸びなかったのが気になったのでこの評価に。でも弥生賞を勝った武豊騎手とのコンビなので楽しみです。
◆青木詩織(あおき・しおり) 1996(平成8)年4月22日、静岡県出身の24歳。身長153センチ。血液型はO。チームK2所属。ニックネーム「おしりん」。SKE48・6期生。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ