本文へ移動

疫病よけに「姫魚」ポスター 西尾市が配布

2020年5月27日 01時56分 (5月27日 12時08分更新)
新型コロナウイルスに立ち向かおうと作製した姫魚のポスター=西尾市役所で

新型コロナウイルスに立ち向かおうと作製した姫魚のポスター=西尾市役所で

 西尾市は新型コロナウイルスに立ち向かう思いを共有しようと、江戸時代に疫病退散の効果があると信じられた「姫魚(ひめうお)」の絵をあしらったポスターを作製した。市内の公共施設で張り出し、希望者にも配布する。
 姫魚は江戸時代に九州の浜辺に現れてコレラの流行を予言。「私の絵を家に貼ればコレラにかからない」と告げて姿を消したという。江戸時代に大阪で売られていた姫魚の絵が、西尾市の岩瀬文庫に保管されており、ポスターに引用した。
 A3判で、姫魚の絵や由来とともに、「疫病退散!がんばろう西尾」と書き込んだ。市観光文化振興課の担当者は「緊急事態宣言が解除されたとはいえ、いつ再流行するか分からない。『姫魚』を見て、感染防止の気持ちを忘れないようにしてほしい」と話した。(問)同課=0563(65)2197
 (宇佐美尚)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報