越前市の新駅名に8案 候補選定委今後住民意見募る

2020年5月27日 05時00分 (5月27日 10時41分更新)

北陸新幹線新駅の駅名候補について議論する委員会=越前市役所で


 越前市に設置される北陸新幹線の新駅(仮称・南越駅)の駅名候補選定委員会は二十六日、同市役所で第二回会合を開いた。各委員から案が提出され、候補に八案を選んだ。今後は丹南五市町の住民らから意見を募り、五案程度に絞り込んで越前市に答申する。市はこれらの案を八月上旬にJR西日本に提出し、来春にJR西が駅名を決定する。
 各委員と事務局から候補案が提出され、計十三案が集まった。事務局が駅名候補の選定方針に照らした駅名ごとの各評価を示した。評価などを参考に委員が議論した結果▽越前武生(越前たけふ)▽新武生(新たけふ)▽越前市▽南越たけふ(南越武生)▽越前▽武生新▽南越▽越前国府−の八案を選んだ。
 候補八案については、丹南五市町の庁舎、越前市内の公民館、商業施設など計二十六施設に意見箱を設置し、六月十五日〜七月十五日に意見を募る。アンケート用紙には駅名候補八案と名称の解説を示し、候補についての考えなどを自由に記述してもらう。
 委員会には山本仁左衛門委員長(武生商工会議所会頭)ら委員六人が出席した。「越前武生」について事務局側は、福井鉄道福武線に同名の駅があるが、仮にJR西に採用された場合、福武線の駅名変更は可能と福鉄側から回答を得たことを説明。同社社長の村田治夫委員(越前市観光協会長)は「越前武生が採用されても異存はない」と話した。
 第三回会合は七月下旬に開き、意見募集の結果を報告し候補を八案から五案程度に絞る。 (中場賢一)

関連キーワード

PR情報