本文へ移動

第2の人生を静かに満喫 廃止10年の名鉄モノレール線

2018年12月29日 02時00分 (5月27日 03時49分更新)

開業時の塗装で展示中のモノレール=犬山市の日本モンキーパークで

モノレールの仕組みを間近で眺められる展示車両=岐阜県可児市の「湯の華アイランド」で

 犬山市内を走っていた名鉄モノレール線が廃止されて、今月末で10年になった。車両の一部は、犬山市犬山の日本モンキーパークと岐阜県可児市土田の日帰り温泉施設・湯の華アイランドに保存され、静かに余生を送っている。 
 モノレール線は1962(昭和37)年3月に開業。名鉄犬山遊園駅と動物園駅(現在の日本モンキーパークと日本モンキーセンター)の間1・2キロを結び、「夢の空中電車」の別名まであった。ピークには1日3000人が利用したが、マイカー客の増加などで約20年後には赤字に。施設も老朽化したため、名鉄は2007年に廃止を決め、08年12月27日で運行を取りやめた。
 モンキーパークで保存されているのは先頭車両など2両。廃止直前の車両はサルなどのイラストが描かれていたが、62年の開業時の姿に塗装し直した。遠目から外観を眺められる。
 湯の華アイランドは先頭車両を購入し、09年にトレーラーで運び込んだ。外観に南国風の大きな花の図柄などを入れて、木曽川の展望施設に使っている。こちらは乗り込むことができる。コンクリート製のレールの上をゴムタイヤで走る国内初だった「跨座(こざ)式」の仕組みも間近で確かめられ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

鉄道まるっと切り抜き帳の新着

記事一覧