本文へ移動

阿部、またもや代打で大仕事 もう「脇役顔」なんて言わせない!

2018年4月22日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日-広島 7回裏2死一塁、阿部が同点の適時二塁打を放つ=ナゴヤドームで(板津亮兵撮影)

中日-広島 7回裏2死一塁、阿部が同点の適時二塁打を放つ=ナゴヤドームで(板津亮兵撮影)

 渋い脇役が「代打の切り札」へと昇華。決めたのはモヤ。しかし、その状況を整えたのは阿部のバットだ。1点を追う7回。2死一塁で代打起用されると、ジョンソンのカーブに体を残してはじき返した。左中間を破る同点二塁打だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ