本文へ移動

ガルシア3連勝 「タナキクマル」から7奪三振

2018年4月23日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日-広島 3回表2死一、三塁、菊池を三振に仕留め、雄たけびを上げる先発のガルシア(中嶋大撮影)

中日-広島 3回表2死一、三塁、菊池を三振に仕留め、雄たけびを上げる先発のガルシア(中嶋大撮影)

 金髪モヒカン男が「タナキクマル」をぶった斬った。先発ガルシアが広島が誇る1~3番を無安打に抑え、7三振を奪うスーパーピッチ。7回まで2失点、10奪三振の好投で、球団では2000年のバンチ、13年のカブレラに並ぶ来日初登板からの先発3連勝をマークした。
 「上位の3人を抑えることができれば勝てると思っていた。塁に出るとしつこいしね」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ