本文へ移動

松坂、背番号18に未練!? 26日DeNA戦へ ブルペンで72球

2018年7月22日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合前に投球練習する松坂。左は森監督(小沢徹撮影)

試合前に投球練習する松坂。左は森監督(小沢徹撮影)

 中日・松坂大輔投手(37)が21日、戦列復帰に向けて神宮のブルペンで72球を投げ込んだ。13日のオールスター第1戦(京セラドーム大阪)で先発して1イニング、30球を投げて以後、初の本格的な投球練習となった。
 森監督と朝倉投手コーチが見守る中、ワインドアップとセットポジションから直球、カットボール、カーブなどを交えて腕を振った。投球練習を終えた松坂は笑みを浮かべ、離脱する原因となった背中の捻挫も順調に回復している様子。竜での復帰登板が濃厚な26日のDeNA戦(ナゴヤドーム)へ、調整段階を一つ先へ進めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ