本文へ移動

笠原、鬼門マツダで耐えた6イニング2失点 「自信になりました」

2018年8月10日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島-中日 4回裏2死満塁、丸を空振り三振に仕留め、グラブをたたく笠原=マツダスタジアムで(中嶋大撮影)

広島-中日 4回裏2死満塁、丸を空振り三振に仕留め、グラブをたたく笠原=マツダスタジアムで(中嶋大撮影)

 耐え切った。赤ヘル打線の波状攻撃にも、鬼門・マツダの押し寄せるような独特な雰囲気にも。「チームがマツダで20試合連続5失点以上ということは知ってました。最少失点で投げることを意識して、そこはできたのかなと思います」と笠原は汗を拭った。
 立ち上がりは不安定だった。初回、2死から3連続四球を与えいきなり満塁のピンチ。しかし野間を外角のカーブで空振り三振に仕留めると、少しずつ調子を上げていく。最速144キロの直球にカーブ、チェンジアップを効果的に織り交ぜ打者のタイミングを外した。
 4回には下位打線の3連打で同点に追い付かれ、なおも1死二、三塁のピンチ。だが「中盤からしっかり決まるようになった」という内角直球で田中を見逃し三振。菊池を歩かせ迎えた丸にも強気に内角を攻めカウントを整えると2-2から外角低めのチェンジアップで空振り三振に。最少失点で切り抜け打線の援護を待った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ