本文へ移動

佐藤、丸&誠也を連続斬り 9回締めた気迫2S

2018年9月9日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日-広島 9回表を三者凡退に抑え2セーブ目を挙げ、喜ぶ佐藤=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

中日-広島 9回表を三者凡退に抑え2セーブ目を挙げ、喜ぶ佐藤=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

 鈴木のバットが空を切ると、佐藤は右手を突き上げていた。「冷静にいこうと思っていましたけど、自然に出ました」。1点差の9回。相手は菊池、丸、鈴木という広島の強打者3人。ガッツポーズは気迫の裏返しだった。
 先頭の菊池を遊飛に打ち取った。しかし、丸はカウント3-1に。苦しい状況で選んだのは、外角への真っすぐ。ギリギリのコースに審判の手が上がった。「今日は運がある。ついていると自分に言い聞かせた」。今度は思いきり腕を振った。渾身(こんしん)の151キロ速球で見逃し三振。そして鈴木は外のスライダーで料理した。
 森監督は「逆転負けが多い中、今日は1点差で久しぶりにこうやって勝って、投手陣が踏ん張ってくれた」と振り返った。1点差逃げ切り勝ちは、7月11日のDeNA戦(横浜)以来だった。佐藤も「1点差をしっかり勝ち切れた。自分の自信にしたい」と口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ