本文へ移動

中日阿部、風に乗り3年ぶり2号 二塁スタメン争い激化

2019年4月6日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト-中日 2回表無死一、三塁、阿部が先制の中越え3ランを放つ=神宮球場で(七森祐也撮影)

ヤクルト-中日 2回表無死一、三塁、阿部が先制の中越え3ランを放つ=神宮球場で(七森祐也撮影)

 5試合ぶりのスタメン起用にバットで応えた。「7番・二塁」で先発した阿部がバックスクリーンに飛び込む先制3ラン。開幕スタメンを勝ち取った男が、またも打撃で定位置取りをアピールした。
 神宮のヤクルトファンが静まり返る一発だった。0-0で迎えた2回、福田と高橋の連打でつくった無死一、三塁のチャンスで打席が回ってきた。初球を見逃して1ボールにすると、2球目の高めに抜けた126キロのスライダーを迷いなく強振。高く舞い上がった打球は風に乗り、バックスクリーンに吸い込まれた。
 「犠牲フライになってくれればと思っていたんですけど。風ですね」
 本塁打はルーキーイヤーの2016年以来、プロ入り通算2本目。風のおかげと謙遜するもののバットを振り切ったからこそ生まれたアーチだった。試合には敗れたものの、進化している自身の打力をみせつけるには十分なものだった。
 今季は初の開幕スタメンに抜てきされた。敵地・横浜で迎えた開幕戦の舞台に立ち、独特な雰囲気を肌で感じた。3打数1安打と結果を残しながらも「めちゃくちゃ緊張しました。ガチガチでした」とこれまでにない緊張感を味わった。「でも、いい経験をさせていただきました」と抜てき起用に応える成長を心に誓っていた。
 2日の広島戦では代打でバットを折りながらも、執念の決勝2点適時打で本拠地開幕戦を勝利に導いた。沖縄キャンプでは1軍組ながら、2軍の韓国・ハンファとの練習試合に出場。そこで本塁打を放ち、3月にもウエスタン・リーグ3試合で11打数4安打。2軍の試合でも腐ることなく結果を残してきた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ