本文へ移動

高橋周平は内角高め本塁打コース

2019年4月6日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表2死、高橋が右越えソロを放つ=神宮球場で(七森祐也撮影)

5回表2死、高橋が右越えソロを放つ=神宮球場で(七森祐也撮影)

 サイクル安打こそ逃したが、主将の輝きは本物だった。高橋が1号ソロを含む3安打。「タイミングを取りづらい投手」という小川の直球を右へ左へ打ち分けた。今季はついに覚醒する。そんな期待を東京のファンに抱かせた。
 2回無死一塁の第1打席で右前打を放つと、3回1死の第2打席では左中間を破る三塁打。いずれも直球だった。極め付きは5回2死の第3打席。初球、内角高めの141キロを振り抜いた打球は右翼席に飛び込んだ。
 苦手としてきた内角高めの直球。3月10日のロッテとのオープン戦で本塁打を放った後には「まぐれです。もう2度と打てないんじゃないかな」と謙遜した。しかし、公式戦で2度目があれば、もはやまぐれではない。
 悔しい逆転負けにも「明日も試合があるので切り替えていきたい」と強調した高橋。神宮の呪縛は主将が打ち破る。 
(高橋雅人)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ