本文へ移動

笠原、プロ最短3イニングKO

2019年4月6日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 先発の笠原は3イニングを4安打3失点。5四球を与え、先発としてはプロ入り最短で降板した。3点の援護をもらった直後の2回に投手の小川に適時二塁打を浴びるなどして追いつかれると3回も1死から連続四球を与えた。後続は抑えたが制球難を露呈して4回の打席で代打を送られた。「力んで腕が振れなかった。チェンジアップが抜けるのを最後まで修正できなかった」。ブルペンに負担をかけ、肩を落とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ