本文へ移動

主砲ビシエド開幕後は別人 2安打3打点 「打撃調子いいよ」

2019年4月6日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト-中日 3回表無死一塁、勝ち越し2ランを放ち、中日ナインに迎えられるビシエド(中央)(七森祐也撮影)

ヤクルト-中日 3回表無死一塁、勝ち越し2ランを放ち、中日ナインに迎えられるビシエド(中央)(七森祐也撮影)

 バックスクリーン直撃の豪快な一発に、鮮やかなタイムリー。2度も勝ち越し打を放った。それでも勝てなかった。ビシエドは喜べるはずなどなかった。ただ、主砲としての役目は果たした。
 「ホームランの場面はとにかく打ちたかった。打撃の調子はいいよ」。試合後、淡々と振り返ったビシエド。まずは3点のリードを追い付かれた直後の3回、無死一塁で迎えた第2打席だった。高めに甘く来た真っすぐを渾身(こんしん)のフルスイング。2号2ランをぶち込んだ。
 さらにスコア6-6で迎えた7回の第4打席。1死二塁の好機で、マクガフの外角変化球を気迫で右前へはじき返した。「少し浮いてきて、うまく良いスイングができた」。一塁ベース上で両手を突き上げて喜ぶほど、気持ちが入っていた。
 2安打3打点。気を吐いたが、最後の打席が悔やまれた。1点を追う9回1死一、三塁。5球目には一塁走者の大島が盗塁を決め、さらにチャンスは拡大した。一打出れば再逆転、外野フライでも同点という場面で、石山のボール気味のスライダーにバットが空を切った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ