本文へ移動

藤嶋が3カ月ぶりスローイング再開(ファーム竜情報)

2019年4月10日 18時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットスローをする藤嶋

ネットスローをする藤嶋

 2月上旬に右手の血行障害におけるカテーテル手術を受けた中日・藤嶋健人投手(20)が10日、ナゴヤ球場に隣接する中日屋内練習場でスローイングを再開した。ネットに向かって30球、感覚を確かめながら一球一球、丁寧に投げ込んだ。
 「最初だったので力を抜いて投げました。ボールを投げたというのもあるけど、気持ち的にも前に進んだと感じました」。約3カ月ぶりにスローイングを再開し、表情も明るかった。
 9日に病院で診察を受け、スローイング再開のGOサインが出た。さらに、ここまでは走る方もジョギング程度だったが、この日からスピードを出したランニングもできるようになり、こちらもステップを上げた。
 今季から就任した門倉2軍投手コーチは「実質、投げるのを見たのは初めて。ボールの出どころも見にくい投げ方をして、打者も打ちづらそう。勝てる投手」と第一印象を語った。藤嶋は「大きなステップを踏めたので、焦らずやっていきたい」と、今後も慎重にステップアップしていくつもりだ。(鹿嶋直樹)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ